interior mania

レースカーテンのいろいろな種類

「レース」というのがすでにカーテンの中の一つの種類ですので、さらに分類するのは難しいのですが、機能面で分けることができます。

防炎タイプ
もともと光をさえぎることを目的としていませんので、薄く透けて見えるのがレースカーテンの特徴ですが、素材によっては燃えにくいものもあり、布のカーテンに燃え移るのを防ぐ効果があるのが防炎タイプです。

非透過タイプ
光を部屋に入れたい、でも外から家の中が見えてしまうのはイヤ、という人におすすめのタイプです。

従来通り光を透過し、部屋の中に光を運んでくれるのですが、外から中をのぞくことができないように特殊な加工がされています。

最近人気のある種類ですが、やはり一般的なレースカーテンに比べて少し金額的にも高くなります。

カーテンで部屋をコーディネートする

カーテンと家具のバランスは重要になります。配置する前に全体のイメージを考えてみましょう。

例えば、家具の色とカーテンの色を考えてみましょう。重くなりがちな色同士の組み合わせになってしまうと部屋全体の雰囲気が暗くなってしまう可能性もあります。そのため、理想とする部屋のイメージになるようにコーディネートをすることが大切になります。

また、カーテンの素材も部屋の印象を変える場合があります。どんなデザインや色のものを選ぶかによって部屋の印象が変わってきます。自分らしく過ごすことができる部屋になるように、慎重に選ぶようしてみましょう。

カーテンの関連ページ

ページのトップへ戻る